mercibeaucoup

30代。厄年。役職3年目。

断る理由?

他施設から
老健の栄養管理というテーマで、発表をしてほしいのですが」と
電話をいただいた。

正直、最初は断わろうかと思った。
断る理由を考えた。
自分の栄養管理にはまだまだ自信がないし、
大勢の先輩の前で、怖いから。

そこで、ふと頭に浮かんだ言葉は、
「断わる理由、ないですよね?」
という尊敬する男性職員の言葉だった。
この言葉を使うときの彼は、
どう見ても難しい案件だと分かっていながら、でも施設運営のために、利用者のために、必要な案件を提案する時に使う。

さっき自分に浮かんだ断る理由。
遡れば、個人的な感情だ。
仕事をすることに、持ち込むべきではない。
せっかく、施設の栄養管理を外部に伝えるチャンスだ。
施設の宣伝になる、今後の仕事で活きるかもしれない。
断る理由?なくなった。

私は、7月に、臨床栄養管理のプロフェッショナルの前で、
老健の栄養管理について、
お話させていただく。

内容については、かれこれずっと悩み、今日やっと筋道が立った。


臨床的な栄養管理については、まだまだ劣っている。
だけど、これは負けないよ、っていうもの。
それは食事内容と対応の柔軟性。
食べてもらうために、の努力。
そこに重点をおこうと決めた。