読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mercibeaucoup

30代。厄年。役職3年目。

長生きの秘訣

98歳のおばあちゃん。
自宅で、ヘルパーを使いながら、独居生活を送っていた。
一人息子は、東京。ここからは遠く離れた場所。
しかも、海外を飛び回るビジネスマンだ。

そんなおばあちゃん、ある日、
庭で転倒。骨折して入院。
独歩だったが車椅子生活となった。
退院と同時にリハビリ目的でうちに入所。

高齢なのに認知症もなく、物忘れもほとんどなし。
消化器疾患もなく、常食を全量摂取。
リハビリも順調に進み、車椅子から歩行器にレベルアップした。

本人は、元気になるにつれ
「早く家に帰って、畑がしたい。
もう夏が来る、トマトを植えたい」
と、早く家に帰りたいと強く望んでいた。

そして、退所が決定した。
さて、どこへ?
独居?それとも息子さんの近く?

息子さんは、
「母親は幸いにも、まだシッカリしているから、慣れ親しんだ土地で、過ごしてほしい」と希望。


98歳のおばあちゃんは、歩行器歩行で1人での生活を再開した。


退所後は、今まで通り、ヘルパーサービスを利用。
そして新しく、うちの通所も利用を開始した。

利用の初日、
「おはようございます」と、
歩行器で通う姿は、立派なものだった。
入所中に比べると表情が、キリッとした。


なぜか?
施設では、全て任せていたら、何とでも生活できる。
しかし、1人での生活は、頭を使い考えて生きる。行動範囲が広がる。
頭と身体を、フルに動かすことで、こんなにも表情や雰囲気は変わるのだ。


さらに、おばあちゃんは、
「あと20年は生きたい。
なんでかって?
そりゃ、これからの日本が、
どうなるか見たいからな」
と笑った。

入所中から、畑のこと等、これから先の生活に夢や希望を持っていた。

その上、この言葉。

長生きの秘訣。
それは、未来への希望や夢を持って、過ごすことなのかもしれないと思う。