mercibeaucoup

30代。厄年。役職3年目。

毎日が進行形

毎日が忙しかった。

けれど、忙しい時には、いつも新しい発見がある。
今回も、知らないことに触れることができた。
例えば、加算関係のこと。

非常にざっくり、ザクザク書くと(申し訳ありません)
介護の施設は、国から介護業務に対する方針が出され、
その方向に沿った取り組みを行うことで評価を得て加算をいただく。
言い換えれば、国の方針に沿わなければ、評価をいただけない。

◯◯加算、◯単位。
そんな言葉・単語でしか知らず、
お金が貰えるのなら、加算とらなきゃ!
という感覚しかなかったけれど、
加算をいただける意味、加算をいただける体制を整える意味を見たり聞いたり学んだりした。

ほうほう、これらの役割を持って動かなきゃダメなんだな、とズシッと感じた。

そして
良くも悪くも、利用者や私達が置かれている今の社会、現状、その波に、利用者も私達も、乗っている。
時代が変われば、また変わるかも?

この仕事は、常に現在進行形だ。
だから面白い。
f:id:fuumica:20160619203938j:image