mercibeaucoup

30代。厄年。役職3年目。

覚えておきたい気持ちたち

2016年3月、管理栄養士として8年7か月勤めた職場を退職する。

4月からは、新しい土地で、現場栄養士の仕事となる。

今までとは正反対の業務を選んだのには、私情がある。

しかし、私はいつかまた、管理栄養士の仕事に就きたい。

いつか新しい資格も取りたい。自身のキャリアプランがあっての選択だから、

誰になんと言われようと、後悔はない。

今の選択が最良だと思っている。

 

たった1つの心配事は、こうして管理栄養士として働いて、

今感じているこの楽しみと刺激、緊張感や達成感を

自分が忘れてしまわないか?ということだ。

残しておきたい、覚えておきたい。

 

だから、ここでふとした瞬間に読み返したいと思った。

自分のしてきたことを、足あととして残しておきたい。

少しだらだらと取り留めのないことを、今日は書こうと思った。

 

「楽しいイベントがあるから、老人施設の栄養士がしたい」

という安易な気持ちで、この職場を選んで採用いただき、

最初のうち、私の関心事はと言えば、調理・厨房関係が大半だった。食事への楽しみ、イベント食。

しかし、私の勤務した老健では、行事食がほとんどなかった。あったとしても不十分だった。

やりたかった行事食が不十分だ・・・悲しい現実。

だからこそ調理・厨房関係に自然と力が入った。

利用者に「喜ばれる、華やかで美味しい行事・イベント食」を調理していただくために、どうすればよいか考えた。

人材マネジメント、現場マネジメント・・提案から企画、実施、反省。

”反省を踏まえた実施” を数年繰り返した。最終的にはメニューが確立し、現在まで安定導入を続けることができている。

今、あの職場にある食事はすべて私が作ったといっても過言ではないと自負している。

 

そして、厨房の委託業者とお互いに信用しあえる関係性ができたのが、5年目頃だった。安心して業務委託をすることが出来た。

 

その頃から、私の興味は栄養管理へと向いた。

それまで、治療や指導といった臨床栄養関係は大嫌いだったが、

なぜ、今こうして学びたいと思ったのか。

もちろん、老健の社会的役割や現在の社会情勢があるからという理由もあるが、併設病院の管理栄養士さんの影響が一番大きかった。

知識のなさを実感した、そしてひどく怒られた。勉強不足を自覚した。

それから月に2回は研修に通い勉強した。その中で、尊敬できる管理栄養士の先生に出会って刺激を受けた。

管理栄養士とは、このようなスキルを持つ資格なんだと、遅ればせながら知った。

そこから、自身の栄養管理に対する考え方が大きく変わった。

 

 

食べられない利用者がいる。

なぜ?栄養士ができることは何だろう?

だから利用者の近くにいる時間を長くした。他職種と常に話すようにした。

利用者の回りに、ヒントはたくさん転がっていた。

食べる動作だったり、毎日の活動だったり。お皿の中身が減っていても、必ずしも口の中に入っているわけではない。食べている内容が偏っていることも多い。

他職種に話しかけることで、次第に相談や提案を受ける件数も増える。提案をいただいたら、必ずやる。一見「その対応で大丈夫?」と思うようなことでも、やってみたら良い結果になることも多かった。

何より、他職種協働は多角的に利用者を診れるようになる。

点と点が線になる、あの感覚。

栄養士の知識なんて、本当に小さくて点でしかないと、毎回感じている。

 

他職種で食事サポートをして、協力しながら徐々に食べる量が増える。

利用者の笑顔が増える、発語が増える、体動が増える、わがままが増える・・・

個性があふれる。

とても楽しい。

これを覚えておきたい。

 

 

もちろん、私はまだまだ未熟で恥ずかしいが経験も浅い。

だから今後も学び続けたい。

少なくとも私自身の管理栄養士としてのやりがいは、利用者とともに過ごす時間や他職種協働の中にある。

 

 

 

料理は丁寧に、気持ちをこめて

料理が好きだ。

冷蔵庫に残り物、
中途半端に余った野菜、
沢山の調味料など、
眺めていたら、
これとこれを、こうしたらどんな味なのかなと、思ったりして。

 

あとは料理雑誌を見ることも良い。
新人の頃から、図書館の本を借り、

献立を考えるのに雑誌を見まくった。
写真をみてるだけで、
落ち着くし、わくわくする。
テーブルや食器、配置も素敵。


スーパーマーケットも好き。
季節を感じるし、
何を作ろうかと考えるのも楽しい。
そして野菜を眺めて、触れる瞬間も。

台所で、段取りを考えて作り、
片付ける一連の流れも、楽しい。

料理に関わる全てが好きだなと、
今改めて思う。


好きなことは丁寧に、
気持ちをこめて。

すると、より一層楽しくなる。

学ぶことを止めない

8月に入ってから、看護師向けのラボデータセミナーに通っている。
全部で7コマ。
毎回内容は違っていて、
血液ガス、肝疾患、脂質異常など病態に必要なものが様々ある。

1から7コマまで、受講する順番は関係なく、好きなものから受講出来る。
流れとしては、セミナーの時間割が発表されてから、都合の合う時間に、講義が開催されてる希望のコマを選択するという形だ。


看護師向けということで、緊張しながら受講している。
講師の先生は、毎回同じ先生。
いつも学びや発見があって本当に楽しいセミナーだ。

今日で3回目。

今日は私と先生が1対1だった。
正直、どうしよう、、と焦った。

けれど、先生は、私が管理栄養士だということで、
講義の中で食事に関することを交えて話して下さったり、管理栄養士として今後学んだほうが良いこと、医療職としての姿勢など、教えて下さった。


講義時間を過ぎても嫌な顔一つせず、熱く語って下さった。


刺激を受けたことを一部記すと、以下のような内容。


疾患を治すことや軽減することに薬は有効かもしれない、しかし1日3回、自然な形で誰もが当たり前に摂る食事から、疾患を軽減したり、発症を遅らせたり、再発を予防できる。そういう考えを持ちながら、食事提供をせねばならない。


食事や栄養に関する情報はありふれた社会で、栄養価計算などは、誰でも出来る時代。管理栄養士は、付加価値を持つこと、引き出しを多くすることで、患者から求められる人になれる。


人、もの、お金、情報。この4つをフル活用すること。自分のためにあるのではなく、患者のため。人の協力を得ること、ものを使って食事を作ること、必要なお金をかけて患者の命を守る食事、1日でも元気に過ごせるための食事を提供すること、情報を得たり学んで患者のために尽くすこと。

ひとまとめに疾患名があっても、発症した要因は患者さんによって様々ある。その要因の見極め、必要なアドバイスが的を得て行えるようにすること。



書ききれないくらいの刺激を受けた。


高知県の急性期病院のあの管理栄養士さんと重なった。
私の仕事に対する姿勢や倫理観は、あの管理栄養士さんと、このセミナーの先生が柱になった。
きっとこれからも忘れない。



そして、先生は、
学ぶことを忘れたり、嫌いになったりしたら、医療職を辞めるべきだ。
という。

時代とともに進化する。
流行はある。
最新の知識を得て、患者さんに元気に過ごしてもらいたい。
これからも学び続けよう。
そう思った。


先輩の存在

多くの専門職の方々、管理栄養士の先輩の前で、当施設の栄養管理についてという発表を終えた。

30分の中に、
①食事紹介
②施設利用と栄養士業務
③事例紹介
④まとめ
の流れを詰めた。


事例に、看取りケアのケースを紹介した。
入所時から状態が悪く、医師から「いつどうなってもおかしくない」と言われていた、
しかし施設でのケアの結果、栄養・ADL共に改善しレクリエーションやイベント、食事を楽しむことができた、
その後体調悪化により、施設での看取りケアで旅立たれた、
大好きな利用者のこと。


発表のあと、先輩方から多くのお褒めの言葉をいただいた。

中でも嬉しかったのは、私が入職した時に、付きっきりで指導して下さった先輩から、
「内容や取り組みを見て、厨房での人付き合いも施設での人付き合いも上手にやれていることが伝わった。
どちらも上手くやるのは難しい中で、凄いと思うよ!」という言葉だった。

私は先輩のようになりたいと思って、ここまでやってきた。
困った時には、先輩ならどう応対するだろうか、
と、常に考えて行動してきた。
「ありがとうございます、始めの時から変わらず、先輩のように、なりたいと思ってやってます!」と
返すことができた。

自分のやってきたことで成功したのは、先輩のおかげだといつも思う。


今回初めて、感謝の言葉とともに、具体的に見える形で先輩にお返しが出来た。
これからも先輩の姿を浮かべながら進むことで、まだまだ道が広がっていく気がする。

毎日が進行形

毎日が忙しかった。

けれど、忙しい時には、いつも新しい発見がある。
今回も、知らないことに触れることができた。
例えば、加算関係のこと。

非常にざっくり、ザクザク書くと(申し訳ありません)
介護の施設は、国から介護業務に対する方針が出され、
その方向に沿った取り組みを行うことで評価を得て加算をいただく。
言い換えれば、国の方針に沿わなければ、評価をいただけない。

◯◯加算、◯単位。
そんな言葉・単語でしか知らず、
お金が貰えるのなら、加算とらなきゃ!
という感覚しかなかったけれど、
加算をいただける意味、加算をいただける体制を整える意味を見たり聞いたり学んだりした。

ほうほう、これらの役割を持って動かなきゃダメなんだな、とズシッと感じた。

そして
良くも悪くも、利用者や私達が置かれている今の社会、現状、その波に、利用者も私達も、乗っている。
時代が変われば、また変わるかも?

この仕事は、常に現在進行形だ。
だから面白い。
f:id:fuumica:20160619203938j:image



長生きの秘訣

98歳のおばあちゃん。
自宅で、ヘルパーを使いながら、独居生活を送っていた。
一人息子は、東京。ここからは遠く離れた場所。
しかも、海外を飛び回るビジネスマンだ。

そんなおばあちゃん、ある日、
庭で転倒。骨折して入院。
独歩だったが車椅子生活となった。
退院と同時にリハビリ目的でうちに入所。

高齢なのに認知症もなく、物忘れもほとんどなし。
消化器疾患もなく、常食を全量摂取。
リハビリも順調に進み、車椅子から歩行器にレベルアップした。

本人は、元気になるにつれ
「早く家に帰って、畑がしたい。
もう夏が来る、トマトを植えたい」
と、早く家に帰りたいと強く望んでいた。

そして、退所が決定した。
さて、どこへ?
独居?それとも息子さんの近く?

息子さんは、
「母親は幸いにも、まだシッカリしているから、慣れ親しんだ土地で、過ごしてほしい」と希望。


98歳のおばあちゃんは、歩行器歩行で1人での生活を再開した。


退所後は、今まで通り、ヘルパーサービスを利用。
そして新しく、うちの通所も利用を開始した。

利用の初日、
「おはようございます」と、
歩行器で通う姿は、立派なものだった。
入所中に比べると表情が、キリッとした。


なぜか?
施設では、全て任せていたら、何とでも生活できる。
しかし、1人での生活は、頭を使い考えて生きる。行動範囲が広がる。
頭と身体を、フルに動かすことで、こんなにも表情や雰囲気は変わるのだ。


さらに、おばあちゃんは、
「あと20年は生きたい。
なんでかって?
そりゃ、これからの日本が、
どうなるか見たいからな」
と笑った。

入所中から、畑のこと等、これから先の生活に夢や希望を持っていた。

その上、この言葉。

長生きの秘訣。
それは、未来への希望や夢を持って、過ごすことなのかもしれないと思う。

願いを込めて、にゅうめんを

自宅で娘さんと生活していた、おばあちゃん。
昨年の7月から食欲が落ち、誤嚥性肺炎の診断で入院。
退院と同時に、うちの施設に入所した。


入所当初は、食欲低下が続いていたから、
食べてもらえるものを探すのに、色々苦労したなあ。

誤嚥性肺炎の入院だったけど、
嚥下障害は軽かったから、
食事形態は一口大、水分は薄めとろみ添加で可。
疾患による食事制限指示も特別になかったから色々試した。

ご家族からの聞き取り、相談したり、
本人の食事状況を見て、
アイスクリーム、シャーベット、お茶ゼリー、冷たいお茶、緑茶、、などなど。

最終的にヒットしたのが、にゅうめん。

普段は、
お盆の上のご飯やおかずを、少しずつ摘むように食べるだけ、
声をかけないと食べ始めなかった程、
食事に対する積極性はなかったのに、

にゅうめんを出した時は、
「わあ、にゅうめん大好き!」と言って、1番に自分で食べ始めた。
その時のことを、私はシッカリと覚えてる。

以降、食欲は少しずつ回復し、
「おいしかったよ」と毎食ペロリと全量食べられていた。


先週までは。


最近また食欲が落ちている。
車椅子の自操速度も遅くなった。
左側に体が傾く。
傾眠傾向だ。
発語が少ない。
表情の変化が少なく、笑顔が減った。


明らにレベルダウンしてきている。


今朝、病棟の課長さんと話し合った。
昨年と同じ状態になってきているのでは、と同じ見解だった。

だから、願いを込めて、
にゅうめんを。

今日のお昼から再開した。


高齢者は夏に弱い。
気温や湿度の変化には、本人よりも敏感に身体が反応する。
自覚症状のない、高齢者にいち早く気付き、
早期対応を取る。

あとは結果を待つ。
寄り添い、見守る。
忘れたくないな、寄り添うこと。